ナース

足に出来たコブは下肢静脈瘤の手術で切除できる

トイレで異変を感じたら

看護師

尿の臭いがキツくなったら

糖尿病といえば、インスリンが不足することで血液中のブドウ糖が細胞にまで運ばれなくなってしまう危険度の高い病気です。さらに糖尿病の初期段階では多くの特徴的な前兆があり、普段の尿を確認してみることが予防にもつながります。通常、健康的な人の場合には放尿された直後に空気に触れることで無臭から時間とともに臭いを放つようになります。なので、もしも極端に強い臭いが以前に増して感じられるようになったのであれば、糖尿病の前兆であるかも知れません。とくにアンモニア臭が強かったり、刺激臭が含まれていたり、甘さの含んだ臭いなども糖尿病の特徴的な前兆として注意が必要なポイントと言えます。その中でも1番注意したいのが甘さの含んだ臭いで、血液中のブドウ糖が体内で活用されずに尿となって排出されたことによる場合が疑われるからです。

健康的な生活を取り戻す

健康的な生活を送るためには、食事療法と運動療法が注目されていますが、とくに食事面では栄養素のバランスや摂取カロリーなどに注意が必要です。糖尿病の予防や改善のためには、炭水化物やたんぱく質などの栄養素をまんべんなく食事で取るようにし、同じ栄養素ばかりを片寄って摂取しないように工夫しましょう。また食事の仕方もポイントで、1日3回を基本にして、決まった時間に規則正しく行うように心がけましょう。とくに糖尿病の前兆を感じている時は、一回に多くの栄養素を取る大食いやアルコール、甘いものなども控えることが健康的な生活の第一歩となります。また食事を取る際は、食物繊維が血糖値の上昇を和らげる働きがあるので尿を見て前兆が疑われる場合には積極的に摂取しましょう。